会社や家族にばれないカードローン!ばれないためのポイント

カードローンに申し込みする時やお金を借りる時は、誰かに見つからないかとビクビクしてしまうものです。カードローンが家族や知人にばれないようにしたいからですが、その理由として「心配かけたくない」「恥ずかしい」など様々な感情があるでしょう。

どちらにせよ誰もがカードローンの利用がばれないようにしたいと考え、申し込みには金利などの条件の他に、周りにばれないような配慮をしている借入先を探すようにしているものです。

この記事では、誰にもばれずにお金を借りるにはどのカードローンがよいのか、ばれないために気をつけることをばれる原因も含めて解説します。

カードローンはばれないようにしてもばれることがある。その原因は

カードローンを家族や周りの人にばれないように注意しているつもりでも、ちょっとした切欠でばれてしまうことがあります。その原因は、いつくかあります。

カードローンがばれる主な原因

  • 郵便物を見られる
  • 電話を聞かれる
  • 在籍確認の電話で気づかれた
  • ローンカードが見つかる
  • 通帳の記載で気づかれる
  • 住宅ローンの審査に落ちて気づかれる
  • 自動契約機の利用を見られた
  • 延滞の対応で知られた

カードローンが郵便物や電話からばれるパターンが多いのですが、実際にはいろいろな原因があります。本人のうっかりとしては、通帳やローンカードを見られてばれてしまうということがあります。

また、少数派の事例もあります。例えば、住宅ローンの審査からばれてしまう場合です。住宅ローンでは、申し込みすると他に借金がないかしっかりと調べられます。住宅ローンの審査はかなり厳しいため、カードローンの利用があれば住宅ローンの審査に落ちる可能性が高いです。

住宅販売の担当者はカードローンのことまでは知らなくとも、審査に落ちたことから原因を探って必然的に家族にカードローンの利用がばれてしまうことになります。

また、延滞によるカードローンの利用の発覚です。本来は、延滞をせず順調に返済を進めていけば連絡が入ることがないので、そこからまわりにばれることはありません。

しかし、延滞をすれば、返済をするようカードローン側から連絡が入るため、どうしても気づかれる機会が増えます。そのため、周りにもばれやすくなります。

延滞では返済を求める電話が最初に入り、電話に出なければ郵便物が届くようになります。そこから周りにばれることが多いです。最終的に給料の差し止めまでいくと、家族だけでなく会社にまでばれてしまいます。

運が悪かったと思うようなばれ方もあれば、カードや通帳の管理をしっかりしないためにばれてしまうなど、細かく言えばいろいろなばれ方があります。

ばれる理由としても多い。特に注意が必要なのは郵便物と電話

延滞をすれば電話や郵便物が届くことから周りにばれやすくなるように、カードローンの利用が周りにばれる理由に多いのは、郵便物と電話です。

主な郵便物

  • 契約書・ローンカードの発送
  • 利用明細書の送付
  • 延滞による返済の催促・督促状

郵便の場合は、後述しますが差出人名にはカードローンだとわからないように社名やブランド名は記載していません。そのため本来、一見するだけではカードローン関係の郵便物とはわかりません。

郵便物でばれるのは、中身を見られる場合が多いです。これは、家族だからと言って勝手に開封していいのかという問題もありますが、実際にそのパターンがあります。また、見知らぬ郵便物から問いただされることもあるでしょう。

特に延滞すると郵便物が届く頻度が増えますし、督促状やさらに内容証明郵便まで届くとばれない方が不思議になります。

主な電話の内容

  • 申し込みの確認の電話
  • 在籍確認
  • 増額申請のお誘い
  • 延滞による返済の催促

電話の場合でも、家族が電話に出たとしてもいきなり社名を家族に名乗ることはありません。電話の多くは、本人の電話の会話が不審なために、それを聞いていた家族に分かってしまう場合が多いです。

また、電話連絡でばれるのは、家族だけでなく会社の場合もあります。会社は、在籍確認が関係しています。

在籍確認とは
カードローンの審査では、返済ができるかどうかも可否の判断材料になります。判断するためには、申込書に記載した勤め先にきちんと申込者の籍があり収入があるのかを確認する必要があります。そのために、勤め先に電話をすることを在籍確認と言います。

申込者の中には、お金を借りたいがために架空の会社を記載する人が稀にいます。そのため、カードローンの審査では、在籍確認は必ず行われます。もちろん電話では、カードローンの在籍確認とわからないよう、消費者金融名を出さずに担当者が個人の名前で電話をします。

これは、どの消費者金融でも同じです。しかし、会社では申込者本人が直接電話を取るとは限りません。その電話を受けた人の中に自分も利用したことがある人だと、カードローンの在籍確認の電話だとわかってしまいます。

ただ、クレジットカードも同様に在籍確認が行われるため、会社で聞かれる、聞かれそうになった場合は先にクレジットカードの申し込みと言ってごまかすのものひとつの手です。

消費者金融側はばれないように配慮している。誰が悪いとは言えない

電話や郵便物でばれる場合が多いとはいえ、消費者金融側は、カードローンに関する連絡だと家族に言うことはありません。

消費者金融や銀行は、本人の同意を得ずに顧客の情報を第三者に教えることはしません。これは、「金融分野における個人保護情報に関するガイドライン」の第11条にその旨が記載されています。また、貸金業法でも第三者に債務の事実を伝えてはいけないことになっています。

そのため、電話連絡にしろ郵便物にしろ、家族が対応したとしてもカードローンの利用とわからないような工夫を行っています。例えば、先に説明したようにカードローンの在籍確認の電話でも、消費者金融は社名を名乗ることはありません。

郵便物での配慮としては、差出人に消費者金融の社名の記載はありません。郵便物のあるなしについては後述するとして、大手消費者金融では郵便物の差出人名はこのようになっています。

消費者金融 郵便物の差出人名
SMBCモビット MCセンター
プロミス 事務センター
アコム ACサービスセンター
アイフル AIセンター
レイク ALSA SFセンター

社名やブランド名ではないため、一見してカードローンとはわかりません。ただし、家族が不審に思って中身を見てしまえば、ばれてしまいます。特に郵便物が簡易書留などにより受取時にサインが必要な場合、気にする家族はいるかもしれません。

この点は、消費者金融の対策の話とははずれてしまうかもしれませんが、家族の性格もあるかもしれません。家族とは言え人の手紙を勝手に見るようなタイプの人がいる場合は、郵便物そのものを避けた方がよいでしょう。

銀行カードローンは消費者金融よりもばれやすい。その理由は

ちなみに銀行の郵便物の場合は、銀行名が入っています。それは、カードローン以外でのやり取りもあり、敢えて差出人が分からないようにする必要がないからです。電話も同様で銀行名を名乗るのが基本です。

郵便物の中を見ない家族ならば、中身について聞かれたら口座の確認や口座開設の手紙だと説明すればよいでしょうが、消費者金融の場合同様、中身を見られたらばれてしまうでしょう。

消費者金融は顧客獲得のため、また顧客に満足してもらえるよう様々なサービスを展開しています。その中で家族や周りの人にカードローンの利用がばれないような配慮に関しても、様々なサービスを展開することで対応しています。

銀行カードローンは、金利や限度額が消費者金融よりも内容がよいとよく言われますが、周りにばれないような配慮に関しては、消費者金融ほどまだまだサービスが充実はしていないのが現状です。

また、銀行カードローンは借入額の返済は口座振替(引き落とし)が基本です。そのため、通帳には借り入れや返済の証拠が残ってしまいます。そこからカードローンがばれてしまうこともあります。

消費者金融は、口座振替以外の返済方法もあるため、借り入れや返済の記録が家人の目に留まりにくいというメリットがあります。

ばれたくないなら消費者金融の方がよい!おすすめカードローンを紹介

カードローンの利用を周りにばれたくなければ、まずは周りにばれないような細かい配慮がされているカードローンを検討することをおすすめします。とはいえ、消費者金融は基本的にどこも周りに知られないように工夫がされているものです。

では、どこが違うのかを考えて、カードローンを選択する必要があります。そのためには、各カードローンの申込時のサービスや対応について知ることが大切です。

どんなサービスがある?消費者金融のカードローンのばれ対策を紹介

家族や周りにばれにくいカードローンはどこかを考える時に、最初に説明したばれる原因が参考になります。ばれる原因に対して対策や工夫がされているカードローンがばれにくいカードローンになり、それは消費者金融だと言えるでしょう。

各消費者金融では、このような対策をしています。簡単ですが、金利なども合わせて一覧にしてみました。

  SMBCモビット プロミス アコム アイフル レイクALSA
金利 3.0~18.0% 4.5~17.8% 3.0~18.0% 3.0~18.0% 4.5~18.0%
限度額 800万円 500万円 800万円 800万円 500万円
電話連絡なし
郵送物なし
WEB完結
カードなし ×
スマホ融資 ×
スマホ返済
来店なし
審査時間 最短30分 最短30分 最短30分 最短30分 最短15秒
融資までの時間 最短即日融資 最短60分 最短60分 最短60分 最短60分

※審査時間や融資までの時間については、各消費者金融で細かな違いがあるものの、申し込みの時間帯や曜日により翌営業日になる場合があります。
※レイク ALSAでは、2020年12月8日よりWEB返済サービス、2020年12月23日よりスマホATMでの融資が停止中です。

ここでの「郵送物なし」は、郵送物のやり取りがなくても、カードローンの契約をして利用できることを指します。「電話連絡なし」も同様です。メールで連絡が入ったりインターネットの会員サービスの画面から手続きが可能となっていたりするところがほとんどです。

郵送物や電話連絡なしができるのは、WEB完結申込があるからです。WEB完結申込とは、パソコンやスマホを使ってインターネット(アプリ含)を経由して申込手続きを行う方法です。ネットは24時間いつでも使えることから、申込受付時間帯はどこも24時間となっています。

ただし、カードローン側の受付処理は24時間対応ではありません。申込受付は24時間でも返事は翌営業日ということはよくあることです。

WEB完結申込の手続きの際は、意識しないと間違えて郵送物が発送されてしまうこともあります。また、審査内容によっては郵送物が発生したり電話が入ったりする可能性もあるため、絶対ではありません。これはどの消費者金融にも言えることです。

カードなしは、ローンカードがなくても借り入れや返済ができることを指します。それがスマホ融資やスマホ返済と関係しているのですが、こちらはスマホにアプリをダウンロードしてから、アプリを活用してATMで借り入れや返済が可能となります。

注意点として、注釈にもありますが審査や融資までの最短時間を記載していても必ずしもその時間で対応してもらえるとは限りません。申し込みの時間帯や曜日、また審査の状況で翌営業日になったり時間がかかったりすることがあります。この点もまた、消費者金融全体で言えることです。

家族にばれずにお金を借りるために消費者金融をすすめする理由

「嫁にばれずに借金をしたい」「家族にばれずにお金を借りたい」そんな人達が誰にもばれずにお金を借りるためには、最初に説明したようなばれる原因に対して対策を講じたカードローンを借りることが大切です。

スマホ融資やスマホ返済では、アプリを使って口座への振り込みなども可能です。それだけでなく、アプリを使ってATMが利用できるのは大きなメリットです。カードがなくても借り入れや返済ができるのです。対象ATMは2つです。

  • セブン銀行
  • ローソン銀行

中にはセブン銀行のみのカードローンもありますが、コンビニにあることを考えるとメンテナンス時間以外はほぼ24時間近く利用することができます。細かな操作方法は各カードローンにより違いはあるものの、通帳の記載がないため周りにばれにくいだけでなく、ローンカードなしで操作ができるのは大きなポイントになります。

逆に、カードがあった方が使い勝手が良いと言う人もいますが、後でカード発行することも可能です。

メリットを考えると、WEB完結申込方法で申し込みと手続きを行い、スマホアプリを活用してカードレスにてカードローンの借り入れや返済を行うのが、周りに一番ばれにくい方法だと言えます。

もちろん、スマホも覗かれたら結局ばれてしまうため、スマホの扱いには気をつける必要はあるでしょう。

SMBCモビットは特にばれにくい。電話連絡も相談すれば書類対応で

SMBCモビットは早い段階から、周りにばれないような配慮のある申込方法を行っていました。そのため、ばれたくない人向けのカードローンだと言えるでしょう。

大きな特長として、SMBCモビットでは電話連絡が難しい場合、相談すると書類提出による審査の対応を検討してくれます。また、WEB完結ならば、カードレスでの利用が可能になります。カードレスだとローンカードを見られることもないため、周りにばれにくいでしょう。

カードレスの場合、借り入れ方法のひとつとしてパソコンやスマホを使って会員サービスから振り込みの申し込みをすればお金は借りられます。早ければ3分で口座に振り込まれます。返済はインターネット返済ができます。(インターネットバンキングの口座が必要)

スマホでアプリをダウンロードすると、セブン銀行ATMで借り入れや返済をカードレスで行うことができます。取り引きの際には、必要なコードを入力したりQRコードを使用したりして手続きができます。

ただし、SMBCモビットのWEB完結の場合、手続きするには以下の条件が必要になります。

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている
    (本人名義の口座に限る)
  • 社会保険証、または組合保険証を持っている

社会保険証は、全国健康保険協会(協会けんぽ)が発行しており、主に会社員が持っています。組合員保険証は、企業の健康保険組合や公務員の共済組合などが発行しています。主に会社員、公務員、自衛官が持っています。

申込時はWEB完結申込で郵送物なしで手続きができますが、契約後の領収書や利用明細書も郵送されないようにすることができます。これは、会員専用サービス「Myモビ」やアプリで郵送物なしにするように手続きができるからです。もし、郵送物なしにしても利用明細等が見たい時は、スマホなどの画面で見ることができます。

ばれない対応の他にも返済するとTポイントを貯めることができたり、ラインと連携できるようになるなど、他社の機能とも繋がるようになりました。

プロミスはばれにくいだけでなくアプリ限定の割引サービスもある

プロミスの特長としては、わずかではあるものの上限金利が他社よりも低い点です。その点はおすすめポイントになりますが、では、周りにばれないかどうかという点で見ると、プロミスもまた、WEB完結申込が可能であり、サービスが充実していると言えます。

WEB完結の申し込みでは、本人確認方法が「金融機関口座でかんたん本人確認」「アプリでかんたん本人確認」である場合、郵送物なしで手続きができます。また、カードレスの形を選択することができます。

カードレスの場合は、スマホにアプリをダウンロードし、借り入れや返済はアプリを使ってセブン銀行やローソン銀行のATMで操作します。ATM以外に口座への振り込みでの借り入れも可能です。ただし、ローソン銀行ATMでは、一部対応していないATMもあるため、利用する際には注意してください。

プロミスでは、会員サービスとして利用者に割引サービスなどが提供されていますが、スマホアプリの利用者にも会員優待サービス「アプリdeクーポン!」がついています。ログイン時でもIDやカード番号の他に生体認証によるログインが可能です。生体認証では、指紋、顔、声でログインが可能です。

アコムは表では△が多くカードレスはないがATMの利用がしやすい

アコムは、上記の表で△があります。電話連絡とWEB完結について、△としました。また、×になっている項目もあります。

アコムの場合、WEBでの申し込みはできるのですが、カード発行があるため全てがWEBのみで対応できず、WEB完結申込とまではならないからです。カードを受け取る方法としては、自動契約機「むじんくん」または郵送で受け取る必要があります。自動契約機を使うならば郵送はないため、郵送物なしで契約はできます。

電話連絡についても、WEB完結申込ではないことから、全てがメールでやり取りする形にはなりにくい点があります。そのため、△としました。

アコムでは、スマホアプリはあるもののお金の扱いについては、セブン銀行ATMにて返済のみとなっています。

アプリを使ってお金を借りる時は、口座振込が可能です。振り込みは最短1分でできます。ただし、(これは他でも言えることですが)銀行により対応可能時間が違い24時間対応できる金融機関は限られているため、自分が利用したい銀行の対応時間を事前に確認した方がよいでしょう。

アプリの便利な点は、書類の提出や利用状況の確認の他、返済日の3日前と当日にプッシュ通知で返済日を知らせてくれるため、返済遅れの防止になります。忘れっぽい人には向いています。

ATMに関しては借り入れするにはカードが必要ですが、アコムのATMも24時間対応が多く、また時間は限られているものの提携ATMも多いので、使い勝手はよい方だと言えるでしょう。

アイフルは周りにばれにくいスマホアプリが使いやすくなっている

アイフルはWEB完結申込が可能となっていて、スマホアプリもあります。WEB完結申込では、カードの受け取り方法は「カードレス」に、また、口座振替の登録が必要となっています。ちなみに、カードレスの契約をしても、あとからカード発行は可能です。

契約後はスマホアプリを活用すれば、カードレスで利用が可能で、セブン銀行、ローソン銀行のATMで借り入れ、返済が可能です。

ログインは、生体認証またはPINコードを使うため、簡単にログインできます。(初回はIDとパスワード、認証コードで本人確認をします)アプリとしては使いやすくなっていると言えるでしょう。

レイク ALSAも周りにばれにくい。他には無利息サービスが他と違う

レイク ALSAもまた、WEB完結申込ができ、カードレスに対応するようになりました。レイク ALSAの大きな特長として、契約後すぐに利用できる無利息期間が他のカードローンと違う内容のため、利息を減らしたいと考えている人は利用することをおすすめします。

ばれない対応で審査では避けられない在籍確認については、事前にお願いすると電話をする担当者の男性、女性の希望を聞いてもらえます。また、電話連絡が難しい場合は、申し込み後に相談すると申込者の要望に沿った対応を検討してくれます。

ちなみにレイク ALSAでは、2020年12月8日よりWEB返済サービス、2020年12月23日よりスマホATMでの融資が停止中のため、しばらくは不便でしょう。

しばらく不便な点があるレイク ALSAですが、ばれない対策とは別の無利息期間のサービスがポイントになっているため、返済の計画を考えた時、自分に向いているサービスならば検討することをおすすめします。

申込時は大丈夫でも後でばれることがある!気をつけるべきポイントは

各カードローンのサービスや対応について比較しながら見てみました。どのカードローンも自社の特長を生かしながら、周りにばれないような配慮がされていることはわかるでしょう。

しかし、カードローンの方に配慮があったとしても、利用者である個人も自分で気をつけなければ、家族や会社にばれてしまいます。例えば、ローンカードや通帳を見られてしまったならば、カードなどの管理が甘いと言われても仕方がないでしょう。

ばれないポイントを知って実行することが周りにばれないことに繋がる

ばれないようなポイントを知って、気をつけるようにしてください。

ばれにくくするためのポイント

  • 通帳に記録が残らない返済方法にする
  • 利用明細書などが郵送されないようにしておく
  • 住宅ローンの申し込み前にカードローンを完済させ解約する
  • 返済が滞りそうならば借換えなど早めに対策をたてる
  • 延滞をしない

銀行の場合は、返済の基本が口座振替(引き落とし)です。すでに説明しましたが、通帳を見た時にばれてしまう可能性が高いでしょう。

もちろん通帳の管理がしっかりして見られないようになっていればいいのですが、通帳が家族に見られるような環境ならば、スマホやATMでの返済にするなど返済方法を変えるようにしましょう。

同時にローンカードの管理もしっかりとしましょう。スマホを持っていてカードレスが可能ならば、カードレスをおすすめします。

また、申込時に郵便物が届かないよう申請してあれば問題ないでしょうが、契約後に郵便物が届くようになっているとそこからばれてしまうかもしれません。今は、会員サービスで郵便物が届かないように手続きできるところが多いので、確認しておきましょう。

住宅ローンを考えている人は、カードローンの利用そのものが要注意です。住宅ローンについてはすでに説明した通りです。住宅ローンを検討しているならば、なるべく早く完済し、解約することをおすすめします。

カードローンを利用する上で一番大切なのは延滞をしないこと!

これは、周りにばれる以前の話なのですが、一番の問題は延滞です。延滞をするとすぐに連絡が入ります。

まずは、携帯に電話がくる形が多いのですが、延滞が続くと郵便物が送られてくることになります。郵便物なしの手続きをしていても、送られてきます。この郵便物は、続くうちに督促状になるのでカードローンの利用だけでなく返済ができていないことまでばれてしまいます。

さらに進むと最終的に給料の差し押さえが行われる可能性があります。給料の差し押さえとなると、会社の人にまでばれてしまいます。

これらを避けるには返済を忘れなく行うことが大切です。もし返済が厳しい場合は、延滞をするのではなく、まずは借入先に連絡を入れて相談し対応を検討しましょう。

消費者金融側も全く返済されないよりも少額でも返済される方がいいので、返済額を変更したり一定期間待つなど、相応の対応をしてくれます。

また、おまとめローンと言うものがあり、この方法を取るのも返済をすすめる方法のひとつになります。

一番よくないのは、返済が厳しいからと言って延滞をし、知らないふりをして連絡が来ても無視することです。

カードローンを周りにばれないように借りることはできるが油断は禁物

カードローンそのものは悪いことではないので、本来は隠さなければいけないことではありません。しかし、「心配をかけたくない」「お金で迷惑をかけたくない」「お金がないと思われるのが恥ずかしい」などの理由で、周りの人や家族にばれずにお金を借りるようにする人が多いのは確かです。

実際にカードローンの利用を第三者に伝えることは金融機関からありません。特に消費者金融では、会社にばれることのないよう在籍確認も配慮した対応をします。家族にばれずにお金を借りることができるよう、細心の注意を払って対応をしています。お金を借りるならば、そのような消費者金融をおすすめします。

それでも、些細な不注意で分かってしまうことがあります。またうっかりして見つかってしまうこともあるでしょう。お金を借りる本人が全て原因と言うわけではありませんが、本人の不注意であることも多いのです。

お金を借りる方法はたくさんあります。ここで説明したことをよく振り返り、自分も細心の注意をしてお金を借りて返済をすすめていくようにしましょう。

関連記事