派遣社員ためのカードローンガイド。審査の注意点がある!

急にまとまったお金が必要になったとき、カードローンを利用するという方法があります。
しかし、雇用形態や年収によって自分は無理なのではないか、と考える人は少なくありません。

例えば、派遣社員として働いている方は、どうでしょうか。難しいと思われるかもしれませんが、答えは「利用できる」です。

ただし、必ず利用できるというわけではなく、正社員で働いている人に比べると審査が厳しくなってしまう傾向があります。

そこで、今回は派遣社員の方がカードローンを利用するために必要な知識をまとめました。

審査に通る可能性を上げるポイントや、カードローンの申し込み時にある在籍確認についても触れています。

派遣社員でカードローンの利用を考えている方は、ぜひご覧ください。

派遣社員はカードローンでお金を借りれる?データからわかること

派遣社員もカードローンを利用できる、と聞いても本当にそうなのか、不安を感じる人もいると思います。

そこで、最初にいくつかデータを用意しました。派遣社員がカードローンを利用できるという事実を、ご自身の目で確認してください。

派遣社員はカードローンの利用条件を満たしている

カードローン会社では、どのような人を利用の対象にしているかご存知ですか。

おそらく、職業や年収などが厳しく決められているようにイメージしてしまうのではないでしょうか。

では、大手消費者金融3社の申込条件をご覧ください。

SMBCモビット プロミス アコム
年齢満20歳以上69歳以下の、安定した定期収入のある方 20~69歳の、ご本人に安定した収入のある方 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

いかがでしょうか。年齢と「安定した収入」を求めているだけで、「正社員」だとか「年収○○万円以上」などという細かい条件は記載していません。

ちなみに、ここに挙げた3社に限らず、多くのカードローン会社が同じようなことを申込条件に掲げています。

カードローンはよく「無職でなければ申し込める」と言われますが、安定した収入があれば、派遣社員やパート・アルバイトの方も申し込みができるのです。

「派遣社員であることを理由に申し込みを断られるのでは…」と思っていた皆さん、安心していただけましたか。

派遣社員のカードローン利用率は意外と高い

では、実際に派遣社員でカードローンを利用している人は、どのくらいいるのでしょうか。

マイナビが行った調査によると、カードローン利用者の職業は次の通りになっています。
【画像挿入:画像1】

  • 会社員…60人
  • パート・アルバイト…19人
  • 派遣社員…6人

※データは一部を抜粋したものです。

「パート・アルバイト」と「派遣社員」では数字にだいぶ差があるように感じますが、どちらも非正規雇用といわれる勤務形態であることに違いはありません。

そして、両者を足すとそれなりの数になり、正社員以外の人でもカードローン利用者が意外と多いことがわかります。

このように、派遣社員はカードローンを利用できる可能性が十分にあり、実際に利用している人も一定数いるのです。

ただし「派遣会社に登録しているだけ」はNG

派遣社員もカードローンを利用できるのは確かですが、一つ注意していただきたいのが「派遣会社に登録しただけの状態ではカードローンを利用できない」ということです。

カードローンの申し込み条件は「安定した定期収入があること」なので、派遣社員という「肩書き」があるだけでは該当しません。

詳しくはこのあと説明しますが、カードローンに申し込むなら「派遣会社に登録し、派遣先を紹介してもらって実際に働き始めてから」と覚えておいてください。

備えよう!派遣社員がカードローンの審査に通るため必要なこと

カードローンを利用するには、必ず審査が必要です。審査に通ってはじめて、融資を受けることが可能になります。

審査の内容は誰でも同じですが、派遣社員ならではの気を付けるべきことや、審査に通りやすくなるポイントがあるので、ここではそれを説明します。

派遣社員がお金を借りやすいのは消費者金融

申し込みの前に、まずはどこでカードローンを利用するべきかについて説明します。派遣社員なら、消費者金融をおすすめします。

カードローンは銀行やクレジットカードのキャッシング枠でも利用できますが、銀行は消費者金融より審査が厳しい傾向にあります。

また、銀行のカードローンは審査に最低でも数日かかるので、すぐにお金を借りたい方には向いていません。

一方、クレジットカードのキャッシング枠はカードを持っていれば気軽に利用できる反面、金利が高いというデメリットがあります。

そして、カードの契約時に利用限度額が決められており、それより大きい金額を借りるとなると増額の手続きが必要になるなどの手間が発生します。

消費者金融は正社員でない方も比較的審査に通りやすく、最短で即日融資に対応している会社も多いです。

加えて金利もクレジットカードと同じか、低くできる可能性があります。

こういった点から、カードローンを利用するなら消費者金融が一番おすすめと言えるのです。

ちなみに、消費者金融は昔の「サラ金」のように取り立てが怖いとか、法外な利息をつけられるなどといったマイナスイメージがありますが、現在は厳しい法律に基づいて運営しているのでご安心ください。

いざ審査!派遣社員は勤務先の申告に注意

審査ではさまざまなことを聞かれ、返済能力があるかどうかを判断されます。以下はその一例です。

  • 年齢
  • 居住形態(持ち家か、賃貸か)
  • 勤務先
  • 勤務形態(正社員、パートなど)、勤続年数
  • 年収
  • 他社での借り入れがあるか

この中で派遣社員の方に注意していただきたいのは、勤務先です。

派遣社員は派遣会社(派遣元)と実際に働いている会社(派遣先)が異なりますが、勤務先として申告するのは派遣元の会社になります。

【画像挿入:画像2】

派遣社員は「収入の安定性」が重要

派遣社員がカードローンの審査で重要視されるのは、「収入の安定性」でしょう。

派遣社員は派遣先が短期間で変わったり、契約終了後すぐに次の派遣先が決まらなかったりということがあるので、収入が不安定とみなされやすいです。

そのため、勤続年数が長いほうが審査の面で有利になります。また、派遣会社から発行された社会保険証を持っている場合も同様です。

申し込みの際は収入証明書を準備しよう

カードローンを申し込む際、収入証明書の提出を求められることがあります。収入証明書が必要になるのは、主に次のどちらかに該当する場合です。

  • 借入希望額が50万円以上である
  • 他社との借入金額合計が100万円以上になる

しかし、これ以外の理由でも契約上必要であると判断されれば、収入証明書を提出しなければなりません。

準備していなかったのに提出を求められると、そのぶん手続きが遅れてしまいます。すぐに提出できるよう、申し込みの際は必ず準備しておきましょう。

なお、収入証明書とは以下のような書類を指します。

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 所得証明書   等
給与明細書の場合は、2か月分が必要と定めているカードローン会社が多いので、働き始めたばかりの方は注意しましょう。

派遣社員だけじゃない!審査に落ちるNG行為

派遣社員に限らず、カードローンの審査に落ちてしまう人は少なくありません。

審査の詳細は公表されないので、自分がなぜ落ちてしまったのかをはっきり知ることはできませんが、どんな人でも明らかに審査落ちとなる行為があります。

以下、その例を紹介します。

虚偽の申告をした
審査に通りやすくなるようにと、年収や勤続年数などを誇張して申告する人がいます。審査では虚偽がないことを徹底して確認させられますので、隠し通すことはできないと思ってください。

複数の会社に同時に申し込んだ
審査に落ちてもいいようにと、同時に複数のカードローン会社に申し込みをする人がいますが、これも信用をなくす行為です。

過去に金融事故を起こしている
返済の遅延や滞納を起こした過去があると、今回も同じことになりかねないとして審査に通りづらくなります。

借入希望額が大きすぎる
カードローンで借りることのできる金額は、法律で「年収の3分の1以下」と決まっています。借入希望額は、それを考えた上で申告しましょう。

カードローン審査の在籍確認が不安!派遣社員が気を付けることは?

カードローンの審査では、在籍確認というものが必要です。勤務先に電話がかかってくるので、不安に感じる人は多いでしょう。

ここでは、在籍確認は実際にどのように行われるのか、そして在籍確認を無しにする方法はないのかについて説明します。

在籍確認の内容は、いたってシンプル

在籍確認は、申し込んだ本人が申告した勤務先に在籍していることを確認するために行われるもので、カードローン会社が勤務先に電話をかけてきます。

その内容は、「○○さん(申し込んだ本人)いますか?」と聞かれるだけです。

このとき、電話をかけてくる人は個人名を名乗り、カードローン会社の名前を出すことはないのでご安心ください。

そして本人が出られるようであれば取り次いでもらい、電話に出られないときは「席を外しています」と伝えてもらうだけです。

電話を取った人に「席を外している」または「ただいま不在です」などと言ってもらえば、その人が在籍している十分な証拠になるので、必ずしも本人が電話に出る必要はありません。

たったこれだけです。おそらく想像よりも簡単で、プライバシーが守られることに安心したという人が多いのではないでしょうか。

派遣社員は派遣会社に在籍確認の電話が来る

派遣社員の場合は、派遣会社に在籍確認の電話が来ます。

審査では派遣会社を勤務先として申告することになっていますので、勤務先の電話番号も派遣会社のものを申告しましょう。

先ほど、在籍確認の流れで疑問を感じた方もいると思いますが、派遣会社は実際の勤務先とは異なるため、本人が在籍確認の電話に出られる可能性はほとんどありません。

そのため、前もって自分あてに在籍確認の電話があることを伝えておく必要があります。

【画像挿入:画像3】

派遣会社では、全ての派遣社員の名前を把握していないことも考えられます。

また、派遣社員の個人情報に関する問い合わせには応じないとしている会社も少なくないので、必ず事前に確認しましょう。

場合によっては在籍確認を無しにできることも

それでは、どうしても派遣会社に在籍確認の対応をしてもらうのが難しい場合や、「何とかして在籍確認の電話を避けたい」という場合はどうしたらいいのでしょうか。

実は、消費者金融の中には在籍確認に関して配慮をしてくれる会社がいくつかあります。

例えば、SMBCモビットには「WEB完結申込」という申込方法があり、全ての手続きをWEBで済ませることが可能です。

「WEB完結申込」にすれば、電話や郵送物で連絡が来ることは一切ないので、勤務先だけでなく家族にも知られずに済みます。

「WEB完結申込」の利用には、いくつかの条件を満たす必要があります。

また、プロミスとアコムでは在籍確認に不安がある場合、コールセンターで相談に乗ってもらうことができます。

申し込む前に相談することも可能なので、必要な方はこのようなサービスをうまく利用しましょう。

在籍確認がバレたくないなら「クレジットカードの契約」を理由に

あらゆる手を尽くしても、在籍確認が必要と判断されてしまう場合があります。

もし、カードローンの利用がバレたくないのであれば「クレジットカードの契約で自分あてに電話が来ます」と派遣会社に伝えてみましょう。

クレジットカードの契約でも、同じような在籍確認の電話があります。そのため、電話が来ただけでカードローンの申し込みを知られてしまうわけではないのでご安心ください。

派遣社員でもお金は借りられる!カードローンを上手に使おう

カードローンは年収の多さや勤務形態に関係なく、安定した収入があれば申し込みが可能となっています。当然、派遣社員も申し込みができ、実際に融資を受けている方もいます。

派遣社員の場合、収入や雇用が不安定として正社員より審査が厳しくなってしまうのは仕方ありません。審査では現在の状況を正直に申告し、返済する意思を示しましょう。

また、派遣社員には派遣元・派遣先と2つの会社が関わっているので、カードローンの申し込みで勤務先を申告するときには間違えないよう注意が必要です。

在籍確認も、気にならないという方はいいのですが、不安が少しでもある方はこの記事を参考に良い対策を見つけてください。

急な出費が必要になったとき、カードローンは大きな味方になってくれます。コールセンターなどサポート体制も整っているので、ぜひ完済まで見通しを立て、無理のない範囲で利用してみてください。

関連記事