WordPressのテーマ使っていますか?

貴方のホームページにCMSは入っていますか?

CMSとはコンテンツマネジメントシステムと言い、簡単に言うと、ブログのようにブラウザからホームページを更新出来るシステムです。

このCMS、以前はMovableTypeが国内では高いシェアを誇っていましたが、

現在ではWordPressというCMSが主流となっており、世界的にもダントツのシェアです。

どのCMSも基本的には機能に大きな違いはありませんが、

WordPressは使用している人口が多いため、豊富なプラグインがあったり、Web上の情報も多かったりします。

WordPressにはテーマというものがありまして、このテーマによって、使い勝手や、見た目を変更する事が可能です。

テーマによっては、ページ表示高速化や広告管理機能を提供してくれたりします。

このテーマを使う事により、Wordpressで格好いいデザインのホームページが簡単に実現出来たり、

自分でも標準機能より簡単に編集が出来るようになったりします。

ちなみに、テーマには無料のものも有料のものもあり、一般的に有料のものの方が高品質と言われております。

今回はこのテーマの紹介をしたいと思います。(有料テーマです。)

SWELL 17,600円(税込)

SWELL
SWELL | シンプル美と機能性の両立 - 圧倒的な使い心地を追求するWordPressテーマ シンプル美と機能性の両立させ、圧倒的な使い心地を追求するWordPressテーマ - 『SWELL』の公式販売サイト。 最新のブロックエディター『Gutenberg』にも完全対応。プログ...

tenicomでも購入しているテーマです。

主に運営しているメディアサイトで使用しております。

ブロックエディタに対応しており、記事の作成が楽しくなります。


SNOW MONKEY 16,500円/1年(税込)

WordPress テーマ Snow Monkey
WordPress テーマ Snow Monkey どんな味付けにも染まる。高級お出汁のような WordPress テーマ、Snow Monkey

tenicomでも購入しているテーマです。

主にクライアントサイトのリニューアルの際に用いる事が多いです。

カスタマイズ項目が多く、簡単にサイトの構築が出来ます。

尚、SnowMonkeyはフォーラムが活発で、ほとんどの問題は解決出来ます。


WING(AFFINGER5版)(アフィンガー)14,800円(税込)

AFFINGER(WING)
AFFINGER(WING) 「稼ぐ」に特化したWordPressテーマ

少し前にSTINGERという最強無料テーマを配布していた所が販売している、アフィリエイトに特化したテーマ。


TCD 12,980円(税込)~

ワードプレステーマTCD
WordPressテーマ一覧 圧倒的ビジュアルでどこよりも美しく魅せるウェブサイトは、WordPressテーマで効率よく制作する時代に入っています。

非常に多くのテーマを販売しており、「国内シェアNo.1、累計100,000ユーザーを超えるトップブランド」との事です。

ショーケースのようにデモサイトを確認して購入出来る。

デモサイトを見る限り、プロテイストのデザインが多く、採用したくなるテーマが多い。

価格はテーマにより違うため、一概に安い高いを判断出来ない。


THE THOR(ザトール)14,800円(税別)

あわせて読みたい
集客・収益にこだわったWordPressテーマ「THE THOR(ザ・トール)」

この記事を書く時に一番知らなかったテーマですが、使用している人が多そうです。

「着せ替え」機能により簡単にデザインが変えられるようです。


各テーマサイトを見ていると、それぞれ素晴らしく、全て購入してみたくなります。

ただ、現在はどのテーマを使用してもSEO上に差異は無いと言われております。

SEOに強い!とかよりも、コンテンツを作成するのが楽しい、簡単に見やすく作れる、そんなテーマが求められているような気がします。

それぐらい、今はSEOにはコンテンツの質が求められています。

この他にも、STORK(https://open-cage.com/stork19/)やSANGO(https://saruwakakun.design/)などもご紹介したかったのですが、

あまり長い記事にしてしまうのも本望ではないので、この辺で。